マガジンのカバー画像

「 #日本産ホップを伝う 」まとめ

30
日本産ホップにまつわるコンテンツはこちらにまとめていきます。
運営しているクリエイター

#日本産ホップ

固定された記事

日本産ホップの取り組みをたどり、未来のビールをのぞむ。特集「#日本産ホップを伝う…

ふだんからよくビールを飲まれている方なら「ホップ」という言葉は耳にしたことがあると思いま…

1年前

今こそ課題解決を!次世代ホップ農家が栽培を継続できるように #023菊池一勇

菊池一勇 Kikuchi Kazuyu 遠野ホップ農業協同組合 組合長 プロフィール 遠野市出身。農協職…

農家と一体になっておいしいビールを。キリンビール仙台工場とホップ生産者の歩み

日本随一の日本産ホップ生産地(栽培面積全国一位)として知られる岩手県遠野市。その歩みは、…

1年前

「遠野産」表記に込めた想い。発売から17年を迎える『一番搾り とれたてホップ生ビー…

岩手県遠野市で収穫された生ホップを24時間以内に凍結し、最速で仕込むことでホップのフレッシ…

1年前

遠野産ホップを地元の誇りに。ホップ収穫祭を通して生まれた地域との絆【#日本産ホッ…

日本産ホップの一大生産地である岩手県遠野市で、毎年8月に開催されている『遠野ホップ収穫祭…

1年前

「人を喜ばせたい」という市民の思いが遠野の魅力 #022朝倉健

朝倉健 Asakura Ken 有限会社アサクラ酒店代表取締役 プロフィール 遠野市出身。大学卒業後、…

研究者としての価値観を変えたフレッシュホップの香り #021 村上敦司

村上敦司 Murakami Atsushi キリンビール株式会社リサーチフェロー BrewNote遠野 店主 プロフィール 岩手県紫波郡紫波町出身。岩手大学農学部農学研究科修了後、1988年にキリンビール入社。ホップの品種改良に携わり、「一番搾り とれたてホップ生ビール」などを開発する。2000年にホップの研究で農学博士号を取得し、2010年には、世界で6人しかいないドイツホップ研究協会の技術アドバイザーに就任。2020年、キリンビール株式会社リサーチフェローに就任し、遠野

スキ
32

ビールを「ホップ」で楽しむ時代に。日本産ホップが秘める力と可能性【#日本産ホップ…

「日本産ホップの取り組みをたどり、未来のビールをのぞむ」というテーマで始まった、特集企画…

1年前

遠野に共感してくれるプレイヤーと日本のビアカルチャーを変えていく#001浅井隆平

浅井隆平 Asai Ryuhei キリンビール株式会社 企画部 主務 BEER EXPERIENCE株式会社 取締役副社…

パドロンもホップも全てをつなげて日本のビール文化をおもしろく #002吉田敦史

吉田敦史 Yoshida Atsushi BEER EXPERIENCE株式会社 代表取締役社長 プロフィール 神奈川県横…

大失敗から1万2000人規模に!年々人がつながる遠野ホップ収穫祭 #003菅原康

菅原康 Sugawara Yasushi 遠野市役所六次産業室 プロフィール 遠野市出身。1990年、遠野市役…

遠野へまた戻りたいと思えるようなまちづくりを #004菊池陽一朗

菊池陽一朗 Kikuchi Yoichiro 遠野市役所六次産業室 プロフィール 遠野市出身。2006年、遠野…

農業という軸を持つことで遠野の未来が見えてくる #008平松浩紀

平松浩紀 Hiramatsu Hironori BEER EXPERIENCE株式会社 取締役 プロフィール 東京都杉並区出…

東京で培った商品開発のキャリアが遠野を盛り上げる力に #014櫻井雅美

櫻井雅美 Sakurai Masami BEER EXPERIENCE株式会社 総務経理部/営業部 商品開発担当 プロフィール 遠野市出身。大学で栄養学を学び、卒業後はコンビニエンスストア向けベンダー企業、輸入食品商社、通信販売会社などに勤務。食品の新商品企画・開発、商品販促企画、品質管理業務に携わる。2018年、BEER EXPERIENCE株式会社に入社し、総務・経理業務に加え商品企画・販促業務を担当。遠野市在住歴20年(通算)。 「昔とはまったく違う遠野になったな」

スキ
13

遠野のホップだけを使ったビールと向き合い続ける日々#016坪井大亮

坪井大亮 Tsuboi Daisuke 上閉伊酒造株式会社 醸造士 プロフィール 遠野市出身。高校卒業後、…