マガジンのカバー画像

「 #日本産ホップを伝う 」まとめ

31
日本産ホップにまつわるコンテンツはこちらにまとめていきます。
運営しているクリエイター

#ビール

日本産ホップの取り組みをたどり、未来のビールをのぞむ。特集「#日本産ホップを伝う…

ふだんからよくビールを飲まれている方なら「ホップ」という言葉は耳にしたことがあると思いま…

KIRIN
2年前

Japan Hop Country-ツーリズムで農業の課題を解決する

岩手県遠野市で「日本産ホップの再興」に挑戦しているBrewGoodの田村です。一番搾りとれたてホ…

日本のホップ栽培が抱える構造的な課題とは何か。<農業編>

ビールの原材料、ホップ。日本での「農業」としてのホップ栽培は、大きな転換点を迎えています…

今こそ課題解決を!次世代ホップ農家が栽培を継続できるように #023菊池一勇

菊池一勇 Kikuchi Kazuyu 遠野ホップ農業協同組合 組合長 プロフィール 遠野市出身。農協職…

農家と一体になっておいしいビールを。キリンビール仙台工場とホップ生産者の歩み

日本随一の日本産ホップ生産地(栽培面積全国一位)として知られる岩手県遠野市。その歩みは、…

KIRIN
1年前

日本のホップ栽培を未来に繋げる挑戦はまだ始まったばかり。

ビールの重要な原材料、ホップ。 岩手県遠野市は日本随一のホップ生産地として、半世紀以上に…

海外で花開いた北海道生まれのホップ「ソラチエース」が日本で返り咲く。サッポロとブルックリン・ブルワリーが描く日本産ホップの未来

このホップには、常識を破る力があるらしい。 北海道空知郡上富良野町、1984年。ビールの大切な原料であるホップの新種が、サッポロビールの研究所で生まれました。杉やヒノキ、レモングラスのような香りを持つそれは、地名をとって「ソラチエース」と名付けられます。 ところが、時の主流はキレやのどごしを重視するドライビールたち。ソラチエースは活躍の場を得られず、20年あまり眠り続けます。花開いたのは2000年代のアメリカ。クラフトビールメーカーが見初め、その名は一躍、ヨーロッパを通じ

スキ
65

「人を喜ばせたい」という市民の思いが遠野の魅力 #022朝倉健

朝倉健 Asakura Ken 有限会社アサクラ酒店代表取締役 プロフィール 遠野市出身。大学卒業後、…

研究者としての価値観を変えたフレッシュホップの香り #021 村上敦司

村上敦司 Murakami Atsushi キリンビール株式会社リサーチフェロー BrewNote遠野 店主 プロフ…

遠野のホップ畑に思いを馳せて。TONO-HOP-BOXをリリースします。

----------------------------- ※こちらの記事でご紹介した第一弾は8月で完売となりました!…

遠野に共感してくれるプレイヤーと日本のビアカルチャーを変えていく#001浅井隆平

浅井隆平 Asai Ryuhei キリンビール株式会社 企画部 主務 BEER EXPERIENCE株式会社 取締役副社…

パドロンもホップも全てをつなげて日本のビール文化をおもしろく #002吉田敦史

吉田敦史 Yoshida Atsushi BEER EXPERIENCE株式会社 代表取締役社長 プロフィール 神奈川県横…

大失敗から1万2000人規模に!年々人がつながる遠野ホップ収穫祭 #003菅原康

菅原康 Sugawara Yasushi 遠野市役所六次産業室 プロフィール 遠野市出身。1990年、遠野市役…

遠野のホップが結う移住者と地元の人の新しい関係 #005佐々木教彦 #006葛巻静栄

佐々木教彦 Sasaki Norihiko 遠野ふるさと公社営業販売部部長 プロフィール 遠野市出身。盛岡のいわて生活協同組合で鮮魚担当業務に携わる。遠野へ戻った後は、キクコーストアでも鮮魚担当。2003年、観光の仕事に興味を持ち、一般社団法人遠野ふるさと公社へ。伝承園、道の駅 遠野風の丘の業務に携わった後、2011年に盛岡結いの市の店長に。2015年から販売促進部に異動となり、TKプロジェクトに携わる。遠野市在住歴47年。 葛巻静栄 Kuzumaki Shizue 遠野

スキ
15