マガジンのカバー画像

杜の都のビール学舎 〜ビールってどう造るんですか?〜

17
キリンビール仙台工場が仙台市・東北大学と連携して取り組んでいる、ものづくりインターンシップの様子をお届けしていきます。
運営しているクリエイター

2021年10月の記事一覧

インターンシップで学んだ、”伝える”上で一番大事なこと。

キリンビールのインターンシップ、第3回目は仕込み式の見学をさせていただきました。 仕込み式とは、『一番搾り とれたてホップ 生ビール』の仕込みをするための場ですが、ただ仕込みをするだけではありません。 『一番搾り とれたてホップ 生ビール』の広報活動として、記者の方に取材していただくという目的があります。 今回は、広報活動を見学し、商品をどのように伝えるかを企業の目線で見ることができました。 そこで私が気づいた、”伝える”上で一番大事なことについて書いていきたいと思い

スキ
5

仕込み式

3回目のキリンビールインターン! 前回の遠野からは一ヶ月半空いている 今回の目的は一番搾り採れたてホップ生ビールの仕込み式に参加すること 遠野のホップがビールの一部になる大事な式 外部の方たちも多く参加する大事な式 その現場に参加させてもらうことに感謝しかない 到着すると会場は少し騒がしかった 社内のネット回線に問題が起きていたらしい 遠野市長がzoomでの参加ということで ネット環境が必要だったようだ 改めてコロナ禍の仕事の大変さを感じると同時に 社会人のリアルな部分

スキ
2

ビールのインターンシップで学んだこと〜仕込式を終えて〜

キリンビールと言えば、一番搾り。 一番搾りの中でも、「とれたてホップ一番搾り生ビール」は期間限定の特別なビールだ。 2021年夏、キリンビールのインターンシップに参加して、その「とれたてホップ一番搾り生ビール」の原材料の生産から、ビールの醸造、広報の担当者に実際に会って、仕事の様子を生で見ることができた。 対面で人と会う機会がめっきり減ったコロナ禍にあるが、このインターンシップでは自分の目で肌で経験ができ、本当に貴重でありがたいものだった。 社会人と関わって、「働く」というイ

スキ
2