「オフィスの健康」から「働く人の健康」へ。社内新規事業「KIRIN naturals」サービス誕生までの道のり
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「オフィスの健康」から「働く人の健康」へ。社内新規事業「KIRIN naturals」サービス誕生までの道のり

働く人の「食」を豊かにし、いきいきと健康的に働ける職場づくりをサポートする法人向けサービス「KIRIN naturals」

キリンビバレッジの新規事業として2016年に発足して以来、企業と提携し、オフィス向けの野菜と果物のスムージーデリバリーや健康セミナーのオンライン配信などを行い、従業員さんの心と身体の健康をサポートしてきました。そして、2020年にはブランディングの取り組みを評価するJapan Branding Awardsを授賞しています。

しかし、サービスがここまで成長するまでに、様々な葛藤がありました。新規ビジネスゆえの社内での反対意見や、オフィス向けサービスのリリース1年後にはコロナ禍によるオフィス離れ。

重なる逆境の中、時代や顧客に合わせてサービスを自在に変化させてきたのは、プロジェクト発足時から中核を担ってきたKIRIN naturalsを運営する上野健史と善田英樹です。

サービスが生まれるまでの経緯や苦労を辿りながら、KIRINが目指す「健康経営」への姿勢や想いを聞きました。

(写真左)【プロフィール】善田英樹
キリンビバレッジ株式会社 企画部 新規事業開発室 2006年入社。法人営業部・マーケティング部を経て、2020年に新規事業開発室創設より現職。健康カテゴリの活動に携わり2016年よりnaturalsを担当。

(写真右)【プロフィール】上野 健史
キリンビバレッジ株式会社 企画部 新規事業開発室 担当部長2015年入社。マーケティング部を経て、2020年に新規事業開発室創設より現職。これまで健康カテゴリーの活動に携わり、善田とともに2016年よりnaturalsを担当。

働く大人たちに野菜を届ける最善の形がスムージー

ーまず、KIRIN naturalsはどんなサービスなのか教えていただけますか?

善田:KIRIN naturalsは、「働く人の健康」をキーワードに、あらゆる健康施策を通し、働く皆さんをサポートする健康経営支援サービスです。2019年にキリンビバレッジ株式会社の新規事業としてローンチしました。

企業様と契約をし、二人三脚で従業員の皆さんの健康をサポートしています。例えば、不足しがちな野菜と果実を補えるスムージーをオフィスに提供したり、栄養・運動・睡眠・免疫などに関する健康セミナーをオンラインで配信するなど、単純に健康を支えるだけでなく健康リテラシーを上げるさまざまなサービスをお届けしています。

ーKIRIN naturalsは、どのような経緯で誕生したのでしょうか。

上野:2016年の4月にマーケティング部に新規事業立ち上げのオファーがきたことが始まりですね。決まっていたのは「健康領域」で「新規事業」というお題目だけ。何をするのか考えるところからのスタートでした。

お客様が課題に思っていることを調査する中で、目に止まったのが「食」の課題です。野菜不足と果物不足は、これまでも政府が時間をかけて施策を実施してはいますが未だに改善されていません。それならば、国に任せるだけでなく、民間だからこそできることがあるのではと思い、目をつけました。

オフィスにデリバリーしているスムージー3種。左から「KIRIN The GREEN」「KIRIN The YELLOW」「KIRIN The RED」。野菜や果物の色合いや食感、味わいにこだわり、不足しがちな栄養をおいしく取ることができる。

次に考えたのが「ターゲット」です。野菜が一番足りていないのは誰だろう、どの層に課題感が強いかなと思ったときに真っ先に思い浮かんだのが、働く人たちでした。

データで見ても、時間がなく朝食をデスクで済ませたり、ランチさえもカップ麺やコンビニ弁当で済ます人が少なくありません。そこで、忙しく働く人たちが仕事の合間に、デスクで手軽に毎日野菜を摂取するのにベストな形を考え、スムージーを採用することにしました。

外で買うとなると手間や価格的に続きませんが、従業員の為に会社に一部補助いただく仕組みにすることで気軽に毎日飲むことができます。実際に、スムージーを飲んで野菜と果物を積極的に摂るようになったことで、健康意識が高まり相乗効果で運動を始めたりと、食以外へ広がるきっかけになっている方も多くいらっしゃいます。

ースムージーが健康意識の向上にもつながるんですね。もう1つのサービスとして、「健康セミナー」がありますが、これはどのようなサービスなのでしょうか?

善田:食事や運動、睡眠などさまざまなテーマで専門家監修のもと、体験型セミナーを企画しています。食の資格を持つスペシャリストが、食事や野菜の豆知識をお伝えする「食育マルシェ」や睡眠インストラクターによる「快眠セミナー」などのウェルネスプログラムをご用意しています。

ー健康セミナーはどのようなきっかけで始まったのでしょうか?

善田:スムージーのサービスが大分形になってきてからです。スムージーの冷蔵庫に「こんなシーンで飲むといいですよ」など、健康まめ知識を書いたポップやポスターを作り設置していたんです。それを見た方から、健康に関する知識を教えてほしいとお声をいただくようになり、健康セミナーも企画するようになりました。

ーサービスが始まった当初は、「SDGs」や「健康経営」が広く叫ばれていなかったと思いますが、なぜ従業員の健康に着目したのでしょうか?

上野:概念自体はなんとなく存在していたんですよね。ただ、今みたいにわかりやすい形で言語化はされていなくて「会社は従業員に健康を提供しましょう」くらいシンプルなものでした。

会社が提供できる「健康」を咀嚼していくうちにたどり着いたのが、「会社と従業員の関係性」です。しかし、そこまではつきとめたものの、いまいち概念を言語化できずにいたところ「健康経営」という言葉が世の中でも叫ばれるようになってきました。

自分たちが考えていた概念と非常に近く、ようやく前に進めると思いました。もちろん未知の概念とサービスということもあり、社内には反対する意見も多数ありましたし、僕らもまだその時は絶対的な自信はありませんでしたが、微かな光を頼りにさぐりさぐりで進んでいくうちに、方向性やコンセプトが固まっていった記憶があります。

ー社内に反対派が多い中、どのように説得したんですか?

上野:新規事業なので反対はつきものです。ならば、社内承認を得るためには、まずは結果を証明するしかないと思い、調査に留まらず実際のオフィスで顧客にテスト販売を行いました。なかなか前向きな意思決定が進まない中、「テスト販売をして、来月の経営戦略会議までに結果をお見せするのでそこで判断してください」と言い切ってしまったんです(笑)。

数名で営業をかけたところ導入見込企業が決まってきていたので必死だったんです。急遽タクシーに冷蔵庫とスムージーを乗せてオフィスに直接お届けしました。

そして約3週間後に出た結果から分析し、今後のマーケット予測と実際に利用した従業員さん達からの生の声をお伝えすることで、健康経営の大事さと、事業として見込みがある根拠を提示したのです。そこでようやく承認が取れ、まずは1都3県で50社に向けたサービスとして始まりました。

ーテスト販売の結果をうけて、社内の空気はどのように変わりましたか?

上野:テスト販売の結果は非常に喜んでくれましたね。プロジェクト発端時にあった「健康分野で新規事業を立ち上げる」という会社からのミッションの達成に近づくことができたので。

ただ、一部からは「50社程度の小規模の商いがあったところで、今後本当に続けていけるんですか?爆発的に全国で売れなくてどうするんですか?」なんて意見があったのも事実です。でもたしかに当社で取り扱う商品は、基本的に全国一斉発売以外ないので、そのように思われても仕方ないんですよね。

でも僕らは実際にお客様に直接届けて、喜んでいただいている表情も、リアルな意見も直接もらい、自分たちのコンセプトが世の中に対して貢献できると実感できていたので、突き進もうと思いまいした。

ー新しく1つのサービスを始めるのは、容易ではないんですね。ここまでしてもキリンが担う理由は、どのようなところにありますか。

善田:まずは、CSV(※)先進企業として、キリンのサービス・商品を通じて人々の健康をサポートしたいという想いがあります。

健康市場をみると、多くの商品・サービスが「健康意識の高い人向け」なんです。健康意識の低い人に向けた商品は、そもそも需要がないところに切り込んでいく必要があるので、難しいんですよね。だからこそ、健康意識が低い層は市場的に放置されてしまいがちで。これは健康に関する社会課題でもあるので、KIRIN naturalsはそこに着目しました。

その社会課題の解決のひとつになるのが「健康経営」なんです。どうしたら健康意識が低い人達の健康リテラシーが上げられるか、どうしたら彼らが元気に意欲的に働いてくれるか。それに対してキリンだけで直接アプローチするのではなくて、企業の人事や総務の方が協力者として一緒に働きかけてくれる。この構造が、この健康無関心層の課題を解決するアプローチのひとつとして有効だと思いました。

そのパートナーとして多くの企業が賛同してくださる要因のひとつに、キリンのもつ信頼性があるのかなと思います。

※Creating Shared Valueの略。お客さまや社会と共有できる価値の創造。

ーなるほど。企業に協力者がいることで、一緒にサービスを盛り上げていけるんですね。

善田:あとは、やはり品質ですね。KIRIN naturalsのスムージーは野菜嫌いな人でもハードルが下がるようにおいしさと品質にはかなりこだわっているんです。

キリンビバレッジはさまざまな清涼飲料水を出してきましたが、実はスムージーはキリンとして開発したことがほとんどなく大分苦労しました。納得の行くまで何度も何度も繰り返し試作を作ってきましたが、やはり品質を重視しおいしいものを作ろうという意識が非常に強く、プロトタイプができたときに製品の好き嫌い、興味関心や購入意向を調査したところ、当時爆発的に売れていた他社のスムージーよりも点数が高かったんです。

「オフィスの健康」を謳い、1年でコロナ禍に。

ーリリースから1年でコロナ禍に。オフィスを軸にサービスを展開されている分、影響も大きかったのではないでしょうか?

上野:現在はコンセプトに「働く人の健康」を掲げていますが、当時は「オフィスの健康」を謳っていたんです。そのオフィスに誰も行かなくなるというのは、誰がどうみても危機的状況でしたね。

新規の契約がないどころかオフィスに誰も出勤しないのでスムージーも売れない。セミナーもできない。これではビジネスは続かないのでは?という不安が出てきたのが、最初に緊急事態宣言が発令されて2ヶ月ほど経った2020年の5月ぐらいでしたね。

善田:あれだけ社内に反対されても事業を突き通してきた僕らも流石に「一旦引きますか」と電話で話したことを鮮明に覚えています。でもここは、ちょっと様子を見ようとなり、以前から案にはでていたオンラインでセミナーや自宅への商品お届けに挑戦してみることにしました。

naturalsが各企業の従業員向けに配信しているオンデマンド動画の一部。この時のテーマは「肩こり腰痛解消!簡単エクササイズ」。

上野:以前は企業様から、オンラインの設備も環境もないので、セミナーはオフィスに来て直接やってほしいと言われていたんです。でも働く場がオフィスから家庭にシフトし環境が変わったタイミングで、初めてオンラインのセミナーを実験で開催してみたら大盛況で。

善田:福利厚生や健康経営は、基本的にオフィスにいることを前提に考えられているものが多かったのですが、コロナ禍になり多くの企業で福利厚生の適用範囲がかなり広がりましたね。それに合わせて、スムージーやキリンビバレッジの「プラズマ乳酸菌」を使用した飲料iMUSEなどを従業員さんのご自宅へ届けるプランもご用意しました。

企業側にも課題意識が出てきたのも大きいです。お家時間の拡大による従業員さんの運動不足、肩こり、メンタルケア等を放置するわけにはいかないですし、顔を合わせない分、企業として従業員さんへの想いをメッセージとしてちゃんと発信しなければ企業と社員の間に溝が生まれてしまいます。そういう意味でもセミナーの重要性が広がってきました。

ー在宅ワークに対応して、サービス内容も変化させていったんですね。

善田:あとは、オンラインの需要が高まることで、新しい情報も取れるようになったんです。自宅に物を届けるためにEC機能を準備したことで、そこに従業員さんのIDを紐付けてより詳しいユーザー情報が取れるようになりました。

例えば、サプリメントを好むのか、危機意識があるのか、オーガニックのものを好むのか、ダイエットの意識が強いのか弱いのか。そういったパーソナルな情報がアンケートや購買履歴からわかるようになりました。ダイエット思考で不摂生な従業員が多いこの会社には、エクササイズをテーマにしたセミナーを企画してみたり、身体を内側から整えたい内面重視派が多い会社であれば、ヨガやピラティスを配信したり。サービスとしてお客様に関われる幅が一気に広がりましたね。

上野:今お話していて思ったんですけど、普通は全部サービスとして完成した状態で提供した方が効率的ですが、僕らはお客様に合うように日々進化してカスタマイズしているんですよね。

だってその方が、満足度が高くなるじゃないですか。サービスって使ってもらわなければ何の意味もないですし数値目標をこなすためだけにやるのってすごく空虚ですよね。

提供するからには従業員の皆さんに健康になってもらいたいですし、そのためにはできたパッケージではなくお客様に合わせて提供する。コロナ禍になり、KIRIN naturalsらしさが際立ったなと思います。

ーオンラインを活用したサービスが充実し、お客様からはどんな反応がありましたか?

善田:「キリンさんにお願いすると、ここまで従業員のことを掘り下げて考えてくれるんだ」というのが一番多い声だと思います。これまでBtoCで様々な商品を展開してきたように、お客様主語を従業員主語に置き換え、商品のブランドマーケティングを健康経営のマーケティングに置き換えているんです。

一社一社、内容を事前にヒアリングして、セミカスタマイズして、タイトルもその企業に合ったものに変えてみたり、アンケートを取ってみたり。今回こういう結果になったから、次こういう風にしてみませんかという仮説を持って次の提案したり。ここまで踏み込んで従業員分析をしているサービスもなかなかないと思います(笑)。

ー2020年には、ブランディングの取り組みを評価する日本のアワード「Japan Branding Awards(ジャパン ブランディング アワード)」を受賞されたと聞きました。

上野:顧客視点のマーケティング施策の立案と、それらを実行し続けている点を評価していただきました。僕たちはビジネス以前に「お客さんに健康を提供する」目的でやっているので、今後も直接コミュニケーションをとることができる距離感だからこそできることを最大限生かして貢献していきたいなと思います。

キリンが考えるこれからの健康経営とは

ー健康・働き方の面でこれから起こりうる社会問題に向けて、KIRIN naturalsができることってどんなことがあると思いますか?

善田:やっぱり従業員さんの声やニーズを汲み上げ、それを具現化することが全てかなと。それこそがキリンの大事にしているところですし、KIRIN naturalsとしても企業としても力を出せるところだと思います。

ーこれからKIRIN naturalsをどのように成長させていきたいですか?

善田:先程の答えとかぶりますが、従業員の皆さんの声を集める精度をもっと高めていきたいですね。そこからまた新しいサービスが生まれると思うので、リアルな声を集めて細分化し、セグメンテーションされたプログラムを出していきたいと思います。

上野:僕は、さまざまな検証が進みようやく「こういうことをすると、こうなる」がわかってきたので、今はまだ小さなサービスですけど、もっといい影響や健康意識を広げていきたいですね。

これから先、健康経営は世界のスタンダードになってくると思います。そうなれば働く人の健康は支援できるので、次は裾野を広げて高齢者や地域の人、子どもや企業に属さない個人事業主や主婦・主夫の方にもサービスを届けていきたいなと。

まだ何も案はなく、あくまで想像の段階なんですけどね(笑)。KIRIN naturalsを社会全体に広げお互いに健康なれる仕組み作りにまで発展させたいなと思います。

***

働く人の健康のために、新しい取り組みとしてスタートした「KIRIN naturals」。従業員の皆さんが心身ともに健康的に働ける未来を目指して、時代によって変化するライフスタイルに合わせながら日々サービスを進化させています。

次回は、実際にKIRIN naturalsを取り入れているお客様との対談をお届けする予定です。サービスを導入した経緯や社内におきた変化、そして企業が目指す「健康経営」のあり方についてお話いただきます。

文:山城さくら
写真:土田凌


『小岩井 純良バター』で、華やぐおつまみタイムを。
KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共有はご遠慮ください。※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。 お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。http://eng.mg/de17c