マガジンのカバー画像

今日はキリンシティでどう?

10
「今日も一日、お疲れさまでした」の言葉を求めて、ふらっと立ち寄りたくなるキリンシティの魅力や楽しみ方を特集形式でお届けしていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

ウイスキーのおいしさや楽しさを広げるために。キリンシティの料理とのペアリングで見…

「日本の食文化に合うようなウイスキーをつくりたい」 50年前の1973年、キリンは「キリンディ…

KIRIN
4か月前
62

ビールの定番「枝豆」にキリンシティがこだわったら、日本各地から旬を集める産地リレ…

スーパーなどの店頭に並ぶ「枝豆」、そのパッケージをまじまじと見ることはありますか? 実は…

KIRIN
6か月前
62

だからこそ、キリンシティの料理を食べてほしい。「あか牛」「塩たまちゃん」の産地を…

丁寧に積み重ねてきた「おいしい」と、こだわりの詰まった「おいしさ」でおもてなしするビアレ…

KIRIN
10か月前
86

キリンシティが考えるこれからの飲食店のあり方と、守り続けたいキリンシティらしさと…

新型コロナウイルス感染症が世界を覆い、飲食業界は岐路に立たされました。 「よりまごころを…

KIRIN
1年前
50

ビールの泡に乗って、日本を巡る

こんにちは、ごはん同盟です。「ごはん同盟」は、ご飯好きの、ご飯好きによる、ご飯好きのため…

19

キリンシティの料理へのこだわりを「ごはん同盟」のお二人に体験してもらいました

「今日も一日お疲れさまでした」。そんな言葉と共に、一杯ずつ丁寧に注いだビールとビールに合…

KIRIN
1年前
61

「ほんとうに美味しいビール」がいつでも飲める喜びを知った

ビールは美味しい。どこでもいつでも、美味しい。 赤瀬川原平はビールの美味しさを100とすると、「80ぐらいまでがシチュエーションの力だと思う」として、残りの20を「ビール本体の固有の味にかかわる問題では」と書いている。これがウイスキーになると内容が逆になる。80が味にかかわり、20が氷や雰囲気といった力になるわけだ。ただ、ビールがその80をシチュエーションに委ねられるということは、僕はそれが「そもそも美味しい」というベースがあってこその話なんだろう、と受け取った。 こと居

「とりあえずビール」が楽園の入り口と思いもしなかった

一杯目は絶対であってほしい 酒飲みの人生は選択の連続である。 飲みすぎると決断は曖昧にな…

ふくい
1年前
56

あの”もこもこ”の泡はどうやってできる?キリンシティビアマイスターの職人技を体験…

創業当時から、お客さまの笑顔のためにこだわりのビールや料理を提供してきたキリンシティ。 …

KIRIN
1年前
50

「今日も一日お疲れさまでした」お客様と従業員の心が通い合う場を目指して。特集「今…

「今日も一日お疲れさまでした」 一杯のビールに添えられた温かい言葉から、お客様の心に寄り…

KIRIN
1年前
95