KIRIN

KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共有はご遠慮ください。※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。 お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。http://eng.mg/de17c

KIRIN

KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共有はご遠慮ください。※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。 お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。http://eng.mg/de17c

    マガジン

    • KIRIN BEER SALON

      「KIRIN BEER SALON(キリンビールサロン)」関連のまとめ

    • CSVチャンネル

      2027年にキリンが「世界のCSV先進企業」となった未来を一緒にイメージしながら、座談会・勉強会などを通じて、従業員がCSVを自分ごと化して考えていく過程をお届けしていきます。

    • #わたしとキリン 〜第4の価値観〜

      会社が目指すビジョンを大事にしながら、新たなチャレンジを続ける社員にインタビューをする企画です。

    • 紹興酒のすゝめ 〜知れば中華がもっと楽しくなる〜

      紹興酒のおいしい使い方や、おすすめの飲み方、紹興酒を楽しめる中華店のレポートも。紹興酒を家庭やお店で楽しむ情報を発信していきます。

    • moogyの季節の便り

      健康ブレンド麦茶『moogy』。季節ごとに変わるデザインに込めた想いや、暮らしを自分らしく軽やかに楽しむヒントをお届けします。

    リンク

    記事一覧

    「一緒に働く誇らしい従業員を知ってもらいたい!」社内報の編集部が語る、その役割と可能性

    社内の情報や価値観を共有する目的で作られる社内報。キリンホールディングスでは、グループ会社全体の取り組みを紹介する社内報としてグループ報『きりん』を季刊発行して…

    KIRIN
    2年前

    note開設から1年。キリンビール公式noteの運営の裏側を公開します

    キリンビール公式noteが立ち上がってから1年が経ちました。2019年4月19日に開始した「#社会人1年目の私へ」投稿コンテストとともに私たちのnoteは始まりました。 開設から…

    KIRIN
    2年前

    【5月25日更新】また「おいしい」に再会するために。食文化支援の取り組みをつなげる「 #これからの乾杯を支える 」を始め…

    私たちのnoteを「これからの乾杯を考える場」としたのは、乾杯の楽しさをお伝えするとともに、乾杯好きな方たちをつなげるハブになりたいという想いを込めてのことでした。…

    KIRIN
    2年前
    「一緒に働く誇らしい従業員を知ってもらいたい!」社内報の編集部が語る、その役割と可能性

    「一緒に働く誇らしい従業員を知ってもらいたい!」社内報の編集部が語る、その役割と可能性

    社内の情報や価値観を共有する目的で作られる社内報。キリンホールディングスでは、グループ会社全体の取り組みを紹介する社内報としてグループ報『きりん』を季刊発行しています。

    グループ報『きりん』には、社長からのメッセージをはじめ、グループの新しい動きを伝える特集や、従業員に紹介したい他社の取り組みを取材した記事など、様々なコンテンツが掲載されています。

    その中のひとつで、従業員の想いや活躍する姿を

    もっとみる
    note開設から1年。キリンビール公式noteの運営の裏側を公開します

    note開設から1年。キリンビール公式noteの運営の裏側を公開します

    キリンビール公式noteが立ち上がってから1年が経ちました。2019年4月19日に開始した「#社会人1年目の私へ」投稿コンテストとともに私たちのnoteは始まりました。

    開設から1年が経ち、当時とはだいぶ状況が変わりました。当初では考えられないほど企業アカウントも増えましたし、note上で行われる投稿コンテストも目にする機会が多くなりました。何よりnote自体の「住人」がこの1年で倍以上に増えま

    もっとみる
    【5月25日更新】また「おいしい」に再会するために。食文化支援の取り組みをつなげる「 #これからの乾杯を支える 」を始めます

    【5月25日更新】また「おいしい」に再会するために。食文化支援の取り組みをつなげる「 #これからの乾杯を支える 」を始めます

    私たちのnoteを「これからの乾杯を考える場」としたのは、乾杯の楽しさをお伝えするとともに、乾杯好きな方たちをつなげるハブになりたいという想いを込めてのことでした。

    新型コロナウイルスの影響を受け、乾杯を楽しむ場である飲食店や、お酒の造り手、農家や漁師の方々が厳しい状況に陥っているということを聞くことが増え、その度にnoteで何かできることはないかと考えてきました。

    そんな最中、日本の食文化に

    もっとみる