KIRIN

KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共有はご遠慮ください。※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。 お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。http://eng.mg/de17c

紹興酒のすゝめ 〜知れば中華がもっと楽しくなる〜

紹興酒のおいしい使い方や、おすすめの飲み方、紹興酒を楽しめる中華店のレポートも。紹興酒を家庭やお店で楽しむ情報を発信していきます。

すべて見る
  • 12本

横濱中華街初上陸!中華串焼き専門店・『東北小串』でチョッと一杯!

皆様初めまして。『横濱中華街コンシェルジュ』の資格を持つOTOKOイッシーです😄 横濱中華街始め、神奈川エリアにおける旬な中華情報を発信していきます。 今回ご紹介するのは2021年9月にオープンしたばかりで横濱中華街初上陸の中華小串料理専門店【東北小串】さんです。 場所は横濱中華街のシンボル・関帝廟の近くにあります。 関帝廟を背にし、左斜め前に見える真っ赤な看板が目印の【東方小串】さん 店内は絵が壁一面に描かれており異国情緒満点です。 まずは美味しい生ビール『一番搾

スキ
20

「豚バラの角煮」~調味料はたったの2種類!中国酒営業マンのレシピ~

「豚の角煮」と聞くと、なんとなくハードルの高いレシピだと思いがちですが、2種類の調味料だけで絶品!本格中華の角煮が出来上がります。大切な人に料理で喜んでもらいたい!と思う時に私が作る料理です。   調味料の1つ、それは紹興酒。 皆さんは紹興酒って飲み物だと思っていませんか?実は美味しい中華料理には沢山の紹興酒が使われています。本場中国でも紹興酒(若い紹興酒である黄酒や老酒含む)は飲用より料理用の方が多く使用されております。アミノ酸が豊富な紹興酒は飲み物であり、料理酒でもありま

スキ
17

いつもの家庭料理を格上げしてくれる!「李錦記」オイスターソース×「永昌源」紹興酒

まだまだ知られていない「紹興酒」の魅力をお届けする特集「紹興酒のすゝめ 〜知ればもっと中華が楽しくなる〜」。前回は、紹興酒・中国酒メーカー「永昌源」の社員・内海に奥深い紹興酒の世界を紹介してもらいました。 今回は、紹興酒と同じく、中華料理では定番の調味料「オイスターソース」に注目。 紹興酒とオイスターソース。同じ文化のもとで生まれた調味料ということで共通点はあるのか?また、2つを組み合わせたら、どんな味わいが生まれるのか? そんな疑問を解決すべく、エスビー食品社員で中華

スキ
41

オイスターソースと紹興酒で作る!春を味わうご馳走おかず&おつまみレシピ

中華料理に欠かせない、紹興酒とオイスターソース。 私は中華料理が大大大好きなので、この2つは必ず常備しています。 (好き過ぎるあまり、大人げなく「大」を3つも入れてしまいました。) 和食では、料理酒として日本酒を使いますが、中華料理では紹興酒が使われます。日本酒と違い、紹興酒はもち米を原料として造られており、麹を作る際は「クモノスカビ」という、日本酒とは違う菌が使われます。 長期間熟成させることによって生まれる甘やかでコクのある風味とほのかな酸味は、いつもの料理を一味違った

スキ
79

聞くキリン 〜キリンの縁側から〜

キリン公式note編集部が、キリンの社員やゲストの皆さんをお招きして、さまざまな人や商品、想いをゆるりと語っていきます。

すべて見る
  • 4本

『moogy』と楽しみたい「ゆめみる」お菓子は?【聞くキリン 〜キリンの縁側から〜vol.3】

キリン公式note編集部が、キリンの社員やゲストの皆さんをお招きして、さまざまな人や商品、想いをゆるりと語っていく「聞くキリン 〜キリンの縁側から〜」。気持ちのよい「キリンの縁側」で、お酒やお茶片手に一緒におしゃべりの時間を楽しんでいただけると嬉しいです。 企画に込めた想いはこちら 今月のコーナー:moogy「ゆめみるシリーズ」に合わせたいお菓子今回の「聞くキリン」は、ゲストに健康ブレンド麦茶『moogy』を担当するメンバーに来ていただきました。『moogy』の新デザイン

スキ
15

キリンビールサロン講師に相談!クラフトビールは趣味になりますか?【聞くキリン〜キリンの縁側から〜 vol.2】

キリン公式note編集部が、キリンの社員やゲストの皆さんをお招きして、さまざまな人や商品、想いをゆるりと語っていく「聞くキリン 〜キリンの縁側から〜」。気持ちのよい「キリンの縁側」で、お酒やお茶片手に一緒におしゃべりの時間を楽しんでいただけると嬉しいです。 企画に込めた想いはこちら 今月のコーナー:草野裕美さんのビール処方 第2回初回配信となった前回は、ゲストに「キリンビールサロン」講師・草野裕美さんを呼び、4月23日の「地ビールの日」の由来や落ち込んだときに飲みたいビー

スキ
32

キリンビールサロン講師に相談!落ち込んだ時に飲みたいビールは?【聞くキリン〜キリンの縁側から〜 vol.1】

キリン公式noteのラジオ「聞くキリン」スタート!キリン公式noteのラジオ「聞くキリン 〜キリンの縁側から〜」がスタートいたします。 キリン公式note編集部が、キリンの社員やゲストの皆さんをお招きして、さまざまな人や商品、想いをゆるりと語っていきます。気持ちのよい「キリンの縁側」で、お酒やお茶片手に一緒におしゃべりの時間を楽しんでいただけると嬉しいです。 ファシリテーターはキリン公式note編集部・平山が務めます。 企画に込めた想いはこちら 今月のコーナー:草野裕

スキ
43

音声配信「聞くキリン〜キリンの縁側から〜」を始めます

この度、noteという街から少しはみだして、音声配信『聞くキリン』を始めることにしました。 きっかけは取材陣の一言でした。 取材をご経験された方ならおわかりいただけると思うのですが、取材を終えた後の片付けをしている最中の、ちょっと緊張から解き放たれた空気の中で繰り広げられる雑談って面白いんですよね。案外そこでポツンと出た言葉が記事の核心をついていたり、なんなら記事のタイトルになったりすることもあります。 「取材ではあんな風に言いましたが実際のところは…」といったような話

スキ
61

ファンケルとキリン

“食と医のキリン”と、“美と健康のファンケル”。2019年に資本業務提携を結んだ両社の共通項や企業文化を紐解き、互いに補完しあうこれからの可能性を探っていきます。

すべて見る
  • 4本

おいしく手軽に「腸活」を。キリンとファンケルのシナジーで生まれた『午後の紅茶 アップルティープラス』

2019年に資本業務提携を結んだ“食と医のキリン”と、“美と健康のファンケル”。 そのコラボレーション商品『午後の紅茶 アップルティープラス』を5月10日(火)に新発売します。商品のコンセプトは“腸活”。日本初※1となる「ビフィズス菌を増やして腸内環境を改善※2」する機能性表示食品のペットボトル入り紅茶飲料です。 両社の共通項や企業文化を紐解き、互いに補完しあうこれからの可能性を探る連載「 #ファンケルとキリン」の第4回となる今回は、『午後の紅茶 アップルティープラス』に

スキ
29

“お客様視点”がカギ。ファンケルの「正直品質。」を叶える研究力

2019年に資本業務提携を結んだ“食と医のキリン”と“美と健康のファンケル”。この「#ファンケルとキリン」は、互いの共通項を紐解き、共に補完し合うことで生まれる可能性を探る連載企画です。 両社の協業からお客様のもとにお届けする商品として実を結んだひとつが、2021年10月にリニューアル発売したファンケルの「ビューティブーケ」。キリンが保有する素材とファンケルの知見を掛け合わせた共同研究の結晶です。 そこで今回は「ビューティブーケ」の共同研究を担当した、キリンホールディング

スキ
49

研究から販売まで、全社員が「お客様の顔が見える」ファンケルのコミュニケーション術

銀座の真ん中に、肌と健康のパーソナルカウンセリングが受けられたり、美しい空中庭園を散策できたり、さらには健康的な食事までできたりする施設があるのをご存知ですか。 2019年に資本業務提携を結んだ“食と医のキリン”と、“美と健康のファンケル”。両社の共通項や企業文化を紐解き、互いに補完しあうこれからの可能性を探る企画「 #ファンケルとキリン 」。第2回は、キリンビバレッジ マーケティング部の松岡祥子と二宮倫子が、美や健康の可能性を発見できる店舗「ファンケル銀座スクエア」を訪問

スキ
71

身近な人の「不」を解消するために。ファンケルとキリンが共に描く未来

2019年、キリンホールディングスとファンケルは資本業務提携を結びました。“食と医のキリン”と、“美と健康のファンケル”。両社がタッグを組むことで、どのようなシナジーが創出されるのでしょうか。両社の共通項や企業文化を紐解き、互いに補完しあうこれからの可能性を探ります。 今回は、キリンビバレッジ マーケティング部のブランド担当であり、自身もファンケルのファンだという二宮倫子を聞き手に、ファンケル 管理本部企業文化コミュニケーション室室長の馬見塚陽子さんにお話を聞きました。

スキ
118

#小岩井とはなやぐ暮らし

小岩井乳業が長い歴史の中で大事にしてきた想いや、『小岩井 純良バター』の楽しみ方を発信していきます。

すべて見る
  • 7本

彩りと香りをプラス。朝食がもっと楽しくなる!ぬるチーズ×スパイス&ハーブ

パンや料理にサッとぬって楽しむことができる『ぬるチーズ』。冷蔵庫から出してすぐに使える、手軽で万能なペースト状のスプレッドチーズです。 前回の記事では、『ぬるチーズ』の特長やこれまで歩んできた歴史、リニューアルの経緯などをマーケティング部の市川真希がたっぷりご紹介しました。 今回は、エスビー食品のスパイス&ハーブマスターである遠藤由美さんをお迎えして、『ぬるチーズ』と相性のいいハーブやスパイスを使った朝食レシピを考えていただきました。 チーズのなめらかなコク、ハーブやス

スキ
43

パンにも、料理にも、調味料としても。『ぬるチーズ』が広げてくれる食卓の可能性

チーズはどんな食材とも相性がよく、食べる人をちょっとリッチな気分にさせてくれます。 世界中には様々なチーズがありますが、今回取り上げるのは「ぬる」タイプのスプレッドチーズ。柔らかくペースト状になったチーズで、そのままパンにぬったり、料理にも使える万能なチーズです。 小岩井乳業は、日本でいち早くスプレッドチーズを作ってきました。その背景にあったのは、「もっと食卓のバリエーションを増やしたい」という想いだったそうです。 今回は、『ぬるチーズ』と『ぬるクリームチーズ』のブラン

スキ
61

120年ブランドを守るために必要なことは? 『小岩井 純良バター』の“小さな”挑戦

明治時代から変わらぬ製法で作られてきた『小岩井 純良バター』は、今年で誕生から120周年を迎えました。 クリームに乳酸菌を加えて発酵させるヨーロッパの伝統的な製法で作られる同商品は、発酵バターと呼ばれるタイプのバターです。芳醇な香りとコクが大きな特長で、これまで長きにわたって人々に愛されてきました。 そんな『小岩井 純良バター』が120周年という節目のタイミングでリリースしたのは、従来のサイズよりも小容量化した新商品でした。 そこにはどのような意図があり、次の時代に向け

スキ
84

牛の乳を一滴も無駄にしない。小岩井乳業2人の開発担当が語る、おいしい製品を作るためのこだわりと努力とは?

牛乳を原料に作られる小岩井乳業の商品たち。 特集『 #小岩井とはなやぐ暮らし 』では、小岩井乳業の看板商品である『小岩井 純良バター』が作られている農場を訪れ、その歴史を紐解きながら、同社のフィロソフィーを紹介してきました。 しかし、小岩井乳業の商品が生まれる現場で、どのような取り組みが行われているかは、あまり知られていないのではないでしょうか。 そこで今回は、これまでに多くの開発に携わり、共に製品を作り上げてきた2人にインタビューを実施。 埼玉県狭山市の小岩井乳業開

スキ
38

こんにちは。お客様相談室です。

お客様相談室が実際にお客様からいただいた問い合わせをピックアップし、担当社員とのやりとりを連載形式でご紹介します。

すべて見る
  • 2本

『午後の紅茶』が受験勉強の支えになっています 【第1回|こんにちは。お客様相談室です。】

お客様と一番近い場所に立ち、お客様とキリンをつなぐ「お客様相談室」。 キリンを支える縁の下の力持ちとして、お客様にキリンを好きになっていただけるよう、誠実なコミュニケーションを大切にしてきました。 お客様相談室 チームリーダー渡辺のインタビューはこちら。 連載「こんにちは。お客様相談室です。」では、実際にいただいたお客様からのお問い合わせと担当スタッフのやりとりを連載形式で紹介します。 また、毎月1人ずつ「お客様相談室」のスタッフを紹介していきます。お客様と向き合い続

スキ
28

毎日200件のお客様の声に耳を傾ける。キリン「お客様相談室」が大事にすること

お客様と一番近い場所に立ち、消費者とキリンをつなぐ「お客様相談室」。 寄せられるご相談は、実に千差万別。ときには商品のご案内をし、ときには暮らしの知恵をお伝えし、ときには厳しいご意見をいただくことも少なくありません。これまでキリンを支える縁の下の力持ちとして、お客様満足度向上のために誠実なコミュニケーションを大切にしてきました。 新連載「こんにちは。お客様相談室です。」では、実際にいただいた問い合わせと担当スタッフ社員のやりとりを連載形式で紹介します。お客様相談室の取り組

スキ
91