KIRIN

KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共…

KIRIN

KIRIN公式アカウントです。フォローは20歳以上の方限定です。 20歳未満の方への共有はご遠慮ください。※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。 お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。https://t.co/vpJsE8uq8B

マガジン

  • 紹興酒のすゝめ 〜知れば中華がもっと楽しくなる〜

    紹興酒のおいしい使い方や、おすすめの飲み方、紹興酒を楽しめる中華店のレポートも。紹興酒を家庭やお店で楽しむ情報を発信していきます。

  • ブランドを語る

    商品開発の裏側やブランドのストーリーについて、ブランド担当や開発者が語っている記事をまとめています。

  • クラフトビールを語る

    キリンのクラフトビールにまつわる取り組みやストーリー、そこに関わる人々の想いや夢を、さまざまな視点から語り合う記事をまとめています。

  • 未来を語る

    新規事業の取り組みやSDGsにまつわる活動を追いかけたドキュメンタリーなど、よりよい未来に向けた活動のプロセスを語っている記事をまとめています。

  • 次のキリンをつくる〜未来を切り拓く新規事業を追う〜

    事業をつくる人を中心に、新規事業に携わる人たちにフォーカスを当て、さまざまな取り組みを紹介していきます。立ち上げの背景や具体的な事業内容だけでなく、推進する中で感じた苦悩と課題、そしてそれでも実現したい想いなど、商品やサービスからは見えづらい事業の裏側までをお届けします。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【もくじ】公開中の記事を商品・カテゴリー別にご紹介します

KIRIN公式noteで公開中の記事を、商品別(グループ企業別)や社員インタビューなどのテーマ別で検索できるようにしました。お好きな商品やテーマから、気になる記事を見つけてみてください。 企業別■キリンビール■SPRING VALLEY BREWERY■キリンビバレッジ■メルシャン■ブルックリン・ブルワリー■小岩井乳業■FANCL■ INHOP■永昌源■キリンシティ記事テーマ別■インタビュー■企業コラボ■レシピ■エッセイ■イラスト■コンテスト■お知らせ/編集部 これからもK

    • Far Yeast Brewingが地域とのコラボレーションで取り組むビールの新たな市場創造

      「キリンだからこそ担える、クラフトビールの役割がある」 そんな志のもと、ブランドの垣根を越えてクラフトビールの楽しさを体感できる「Tap Marché(タップ・マルシェ)」というサービスがあります。 コンセプトは“ビールの自由市場”。そこに共感したさまざまなブルワリーが参加してくださり、一緒にクラフトビール市場を盛り上げています。  ▼「Tap Marché(タップ・マルシェ)」って? タップ・マルシェに参加するブルワリーを訪ね、ビール造りへの想いやタップ・マルシェ導

      • 尖ってこそおもしろい!ヤッホーブルーイングと考えるクラフトビールの未来

         クラフトビールの解釈を深めながら、クラフトビール文化の楽しさと可能性、キリンのクラフトビールに対する想いを発信していく連載企画。聞き手に雑誌『BRUTUS』編集長の田島朗氏をお招きして、キリンのクラフトビールに関わる人たちとの対話を重ねていきます。 第4回は、『よなよなエール』などのクラフトビールの製造・販売を行う株式会社ヤッホーブルーイングの“てんちょ”こと、代表取締役社長の井手直行さんと、「クラフトビール業界の今とこれから」をテーマに語り合います。  独自のスタンス

        • 技術をひらいて、クラフトビール文化をより発展させる。アメリカと日本の醸造家が思い描く未来

          アメリカのクラフトビール業界を代表する醸造所として知られる「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)」。キリンは、2016年より戦略パートナーの関係を結んでいます。 この度、「ブルックリン・ブルワリー」の創立35周年を記念して、醸造に携わってきたブリューマスターのギャレット・オリバー氏が来日。そこで、キリンビールで「SPRING VALLEY BREWERY」を手掛け、ビールの中味造りに長年携わってきたマスターブリュワーの田山智広が、“日本生まれのクラフ

        • 固定された記事

        【もくじ】公開中の記事を商品・カテゴリー別にご紹介します

        • Far Yeast Brewingが地域とのコラボレーションで取り組むビールの新たな市場創造

        • 尖ってこそおもしろい!ヤッホーブルーイングと考えるクラフトビールの未来

        • 技術をひらいて、クラフトビール文化をより発展させる。アメリカと日本の醸造家が思い描く未来

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 紹興酒のすゝめ 〜知れば中華がもっと楽しくなる〜
          KIRIN
        • ブランドを語る
          KIRIN
        • クラフトビールを語る
          KIRIN
        • 未来を語る
          KIRIN
        • 次のキリンをつくる〜未来を切り拓く新規事業を追う〜
          KIRIN
        • #小岩井とはなやぐ暮らし
          KIRIN

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          健康のキーワードは「腸」。キリンの腸内細菌検査「MicroBio Me(マイクロバイオミー)」ができること

          誰もが「腸活」という言葉を口にするほど、健康を維持するための重要な器官として「腸」は注目を浴びつづけています。最近の研究では、腹痛や下痢などのお腹の不調のほか、癌や鬱病、肥満や認知症などとも腸内細菌が関係していることが明らかになっているそう。   そんな私たちの健康に重大な関わりがある腸内細菌についてのサービスが、2023年7月よりキリンでも本格的にスタートしました。サービスの名前は「MicroBio Me(マイクロバイオミー)」。   腸内細菌が大切だということはわかったけ

          健康のキーワードは「腸」。キリンの腸内細菌検査「MicroBio Me(マイクロバイオミー)」ができること

          【写心館#11】誰かに話したくなる、ビアレストランをつくっていく #オープン社内報

          キリングループ会社全体の取り組みを紹介するインターナルブランディングWebサイト『KIRIN Now』。そのなかの一つで、従業員の仕事に対する想い、働くうえで大切にしていることを自分自身の言葉で伝える『写心館』というコーナーをnote上で公開しています。 ▼連載の経緯はこちら 『写真館』第11弾は、キリンシティ横浜モアーズ店にて店長を務める松尾 盛二です。 誰かを幸せにできる、笑顔にできる。飲食という仕事私が目指しているのは「誰かに話したくなるビアレストラン」です。この

          【写心館#11】誰かに話したくなる、ビアレストランをつくっていく #オープン社内報

          私が仕事で大切にしている価値観は「DIO(Do It Ourselves)」。新たな価値をみんなで創っていく【#わたしとキリン vol.15 小西裕太】

          キリングループでは、「よろこびがつなぐ世界へ」というコーポレートスローガンを掲げています。そのために社員が大切にしているのが、「熱意、誠意、多様性」という3つの価値観。   これらをベースに、各自が大切にしている第4の価値観をミックスすることで、社内では新たな取り組みがたくさん生まれてきました。   そんな社員たちの取り組みから、多様な働き方を考えていく企画が「#わたしとキリン ~第4の価値観~」です。 今回登場するのは、キリンビバレッジ株式会社マーケティング部ブランド担当

          私が仕事で大切にしている価値観は「DIO(Do It Ourselves)」。新たな価値をみんなで創っていく【#わたしとキリン vol.15 小西裕太】

          人気YouTuber・モデルのゆべしさんが『moogy』をこよなく愛する理由。

          YouTubeやSNSで自身の衣食住にまつわるモノコトを発信し、多くの支持を集めているYouTuber・モデルのゆべしさん。実は、SNSで紹介したり、自身のイベントでお土産として配ったりするほど大の『moogy』ファンだそう。 そこで今回は『moogy』チームとの対談により、ゆべしさんがどんなきっかけで『moogy』と出会ったのか、どんなところに惹かれたのかをお聞きします。また、季節を楽しむのが上手なゆべしさんと一緒に、『moogy』を使った冬のギフトボックス作りを体験。ゆ

          人気YouTuber・モデルのゆべしさんが『moogy』をこよなく愛する理由。

          「外」に足を伸ばした1年。2023年KIRIN公式note振り返り

          もうすぐ1年が終わろうとしています。 今年もKIRIN公式noteにお付き合いくださりありがとうございました。   毎年恒例、今年も振り返りをしたいと思います。  2023年を一言であらわすなら「今・ココから一歩足を踏み出した1年」でした。未来に、過去に、キリンの外に、noteの外に、一歩踏み出してきました。 それでは具体的に振り返っていきます。 未来に一歩踏み出すコンテンツが生まれました2022年の振り返りでは、「より一層『未来への展望』の言葉を追いかけていきたい」とい

          「外」に足を伸ばした1年。2023年KIRIN公式note振り返り

          社会人に“ならなきゃいけない”から“なりたい”に変わった。学生が考えるこれからの働き方とは?

          『ものづくりの上流から下流までを見てもらうことで、キリンビールのファンを増やしたい』 そんな想いのもと、東北大学の学生を迎えてスタートした2023年度大学キャリア教育もついに最終日。 2023年度は『一番搾り とれたてホップ生ビール』が商品になるまでの製造工程や、岩手県遠野市にあるホップ畑を見学しながら農家や地域を盛り上げる方にお話を聞き、キリンと地域の関わりを体感してもらうプログラムを行ってきました。 最終日は、キリンビール仙台工場で3名の参加学生が大学キャリア教育で

          社会人に“ならなきゃいけない”から“なりたい”に変わった。学生が考えるこれからの働き方とは?

          父の引き出しから2つの王冠が出てきました。お客様相談室に届いた一通のメール【こんにちは。お客様相談室です。】

          亡くなったお父さまの引き出しから出てきたという赤い王冠。 そこにはレトロな文字で「キリンビール」と書かれています。 今回はキリンのびんビールが好きだったというお父さまが大切に保管されていた「王冠」にまつわるエピソードをお届け。 連載「こんにちは。お客様相談室です。」は、実際にいただいたお客さまからのお問い合わせと担当スタッフのやりとりを紹介する企画です。 お父さまの引き出しから出てきた二つの王冠ある日、お客様相談室に一通のメールが届きました。 現在販売されているびんビ

          父の引き出しから2つの王冠が出てきました。お客様相談室に届いた一通のメール【こんにちは。お客様相談室です。】

          最後の1杯はコーヒーで【#いい時間とお酒 スタッフリレー企画 #06】

          12月1日から始まったnoteのコラボ企画「 #いい時間とお酒 」もあとわずかになりました。 ほっとひと息つける、自分らしいお酒の楽しみ方って何だろうか。 キリンの社員も自分なりの「 #いい時間とお酒 」について考えてみました。 最終回はnote担当の平山 高敏より、お酒の「締め」についてお届けします。 ******************* 「コーヒー飲みたい」   飲み会終わりにひとり、電車に揺られながら思うことがある。   飲み会の最中に思うことはまずない。決まっ

          最後の1杯はコーヒーで【#いい時間とお酒 スタッフリレー企画 #06】

          土地の歴史と伝統に根ざした、日本のビールを発信。『常陸野ネストビール』のビール造りとは?

          個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客さまが出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現するため、2017年からキリンが展開している飲食店向けのサービス「Tap Marché(タップ・マルシェ)」。 ブランドの垣根を越えて、20種類以上のクラフトビールを楽しむことができます。 ▼「Tap Marché(タップ・マルシェ)」って? 今回はタップ・マルシェ担当の丹尾健二が、このサービスが誕生した初期からご協力いただいている『常陸野ネストビール』のブルワリーを訪ねます。 『

          土地の歴史と伝統に根ざした、日本のビールを発信。『常陸野ネストビール』のビール造りとは?

          どうしちゃったのバナナ 【#いい時間とお酒 スタッフリレー企画 #05】

          12月1日から始まったnoteのコラボ企画「 #いい時間とお酒 」も残すところ1週間程度になりました。 ほっとひと息つける、自分らしいお酒の楽しみ方って何だろうか。 キリンの社員も自分なりの「 #いい時間とお酒 」について考えてみました。 第5回はアーカイブ室の山田 弥生さん。雪国で初めての一人暮らしをしながら働いていた時のエピソードをお届けします。 ▼アーカイブ室について詳しくはこちらから ******************* これは、クラフトビールの“ク”の字も

          どうしちゃったのバナナ 【#いい時間とお酒 スタッフリレー企画 #05】

          5歳の誕生日に、蟹クリームコロッケをつくりたかった。【 #いい時間とお酒 _投稿ピックアップ 】

          12月も終盤ですね。 12月31日まで実施しているnoteさんとのコラボお題企画「 #いい時間とお酒 」。 日々素敵な作品が寄せられており、スタッフ一同、楽しく拝見しております。ありがとうございます。 キリンは、量ではなく時を味わうこれからのお酒の楽しみ方「スロードリンク」を提案しています。キリンスタッフがみなさんの作品を読ませていただき、こんなスロードリンクもあるんだと印象に残った作品をピックアップしてご紹介します。 スロードリンクの取り組みや、企画への想いはこちら

          5歳の誕生日に、蟹クリームコロッケをつくりたかった。【 #いい時間とお酒 _投稿ピックアップ 】

        • これ以上ない休日のサングリア。

          もう10数年前の話になる。 妻とふたりでぶらぶらと、モントリオールの街を歩いていた。季節はたしか5月下旬。そしてモントリオールといえば当然、カナダ東部の都市だ。日本と違って肌寒いくらいなのかもな。なんて事前の予想とは裏腹に、Tシャツでも汗ばむほどの陽気だった。 陽にやられ、歩き疲れたぼくらは、適当なレストランに避難した。車道までずいずいと領土を拡張したオープンテラスのレストラン。平日だったはずなのに、そしてまだまだランチタイムだってのに、席にはすでに大勢の地元客が陣どって